未分類

デザイン

2017-04-26 未分類
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

プリンターで名刺を作成したことのある人ならば分かると思いますが、頭でイメージしたものと、実際に印刷したものではズレが生じます。
デザイン面に関しては、自分がすべてを行うプリンター印刷のほうが、自由度は高いといえるのですが、それはあくまで“自由度”の問題であり、それがイメージ通りとは限りません
以前見た名刺と似たものを作ろうと思っても、入力する文字(字数はフォント)によっては同じものはできません。これは経験やセンスによるものが大きく、一般の人には難しいものがあるのです。

デザイナー名刺制作の専門業者は毎日のようにこの作業を行っていますし、なにより数多くの名刺を作っていますので、データを数多く持っています。
今流行りのものや、業種によっての違いなど、素人では分かりにくい微妙な点までも知っていますので、大まかなイメージと印刷に必要な事項を伝えれば、デザインをおこしてくれます
自分ですべてを行うプリンターに対し、人を介して行うために自由度が低いともいえますが、適格なラインを表示してくれますので間違いはありません。

ビジネスの名刺は自分が満足するものではなく、いかに相手に知ってもらうか、そして相手との信頼を築かせるツールです。そのためにも業者印刷が安心して使えるものとなっているのです。

素材の多さ

2017-04-25 未分類
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

業者を利用する利点はコストばかりではありません。プリンター印刷の長所で自由度が高いという点がありますが、名刺本体の自由度は実は業者のほうが高いのです。プリンター印刷を行う場合、そのほとんどは名刺専用紙を使用します。プリンター作業でのミスを減らすため、プリンターに適して紙が使用されているのですが、言い換えると紙はそれしかないということになります。

業者印刷は紙の自由度が高いのです。紙の厚さや、質、場合によっては紙以外に印刷することも可能です。紙と一言でいっても、紙質は種類が多く、種類によっては同じ白であっても違いがでてきます。厚さによっては紙にエンボス加工(凹凸)を行うことも可能であり、いろいろな表現を行うことができるのです。

紙だけでもかなりの広がりをみせますが、薄板(木材)や布、プラスティックやアクリル板など紙以外の名刺を作っている業者もありますので、業種や目的に応じた、より広いイメージを与える名刺の作成も可能です。ビジネスシーンにおいて、名刺はマナーに反しない限り他の業者と差をつけるチャンスでもあります。今ある形式だけにこだわらず、いろいろな印刷業者を回ってみてはいかがでしょうか。可能性が広がるはずです。

コスト

2017-04-24 未分類
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

前項でIT関連と示しましたが、これはかなり限定されるものです。個人でプログラマー業務を行っている人は、極端な営業は行いません。これはIT事業に関わらず職人に近い職業の人は、限られた範囲内で仕事を回すことが多く、毎日のように新規の人とは顔を合わせないからです。ですが営業を伴い仕事であった場合はそうではありません。常に初めて会う人を意識してなければいかず、名刺は常にもっておかなくてはいけません。そうなると毎日名刺を刷ることになり、コストもバカにならないのです。

営業や事業拡大をお考えの場合は、職人(技術職)であっても個人の場合であっても、やはり業者印刷がお得だといえるでしょう。業者でもPCによるデータ印刷が現在では当然のように行われていますが、印刷を行う場合はそのデータをもとに行います。つまり50枚印刷しても、1000枚印刷しても、データの打ち込み作業は同じであり、昔でいう型代は同じということになります。業者はベーシックな名刺の紙は、かなりの量をストックしています。

一度に大量に仕入れるため、格安で入庫しておりその分安く仕上げることができます。枚数による割引なども行われており、使う頻度が多ければ多いほど1枚あたりの単価はおさえることができるのです。

ビジネスと名刺

2017-04-21 未分類
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

個人事業を行っている人は、名刺は必須アイテムだといえます。ただ最近ではプリンターがPCだけではなく気軽に扱えることもあり、個人で印刷する人も増えてきているようです。名刺専用紙やプリンターの技術が向上したことにより、名刺というものはビジネスだけでなくプライベートのものとして広がりをみせています。またこの背景には、インターネットやSNSの発展により、顔を知らない人同士が知合いになり、リアルの世界では無縁であった人と実際に出会い、モニターの中の人間が自分だと証明する証にもなっているようです。ではプリンターによる名刺印刷がビジネスの世界では通用するかというと、かなり微妙なものがあります。

IT関連は現在、実社会において広がりをみせ、PCに関連したプリンターの名刺も認められてはいます。ですが通用するのはある程度限られた範囲であり、すでに行っている仕事自体を認められている人です。ビジネスの世界での名刺は、主に営業であり、人と人を結びつけるものです

そのため面識が無い人同士であったり、紹介という形式により知らない人(会社)同士が会い、そのときにお互いを示すものとして名刺を交換することになるのですが、そのときの名刺は少ない枚数を自由に印刷できるプリンター印刷より、固定枚数を印刷する業者印刷が信用が高く、安心の一つの目安となっているのです。ビジネスはそれまでの型を崩し、業界に風穴を開けることが求められているといいますが、それはあくまで仕事内容のことであり、初対面で渡す名刺はビジネスマナーとして持っておくべきなのです。