ビジネスと名刺

2017-04-21 未分類
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

個人事業を行っている人は、名刺は必須アイテムだといえます。ただ最近ではプリンターがPCだけではなく気軽に扱えることもあり、個人で印刷する人も増えてきているようです。名刺専用紙やプリンターの技術が向上したことにより、名刺というものはビジネスだけでなくプライベートのものとして広がりをみせています。またこの背景には、インターネットやSNSの発展により、顔を知らない人同士が知合いになり、リアルの世界では無縁であった人と実際に出会い、モニターの中の人間が自分だと証明する証にもなっているようです。ではプリンターによる名刺印刷がビジネスの世界では通用するかというと、かなり微妙なものがあります。

IT関連は現在、実社会において広がりをみせ、PCに関連したプリンターの名刺も認められてはいます。ですが通用するのはある程度限られた範囲であり、すでに行っている仕事自体を認められている人です。ビジネスの世界での名刺は、主に営業であり、人と人を結びつけるものです

そのため面識が無い人同士であったり、紹介という形式により知らない人(会社)同士が会い、そのときにお互いを示すものとして名刺を交換することになるのですが、そのときの名刺は少ない枚数を自由に印刷できるプリンター印刷より、固定枚数を印刷する業者印刷が信用が高く、安心の一つの目安となっているのです。ビジネスはそれまでの型を崩し、業界に風穴を開けることが求められているといいますが、それはあくまで仕事内容のことであり、初対面で渡す名刺はビジネスマナーとして持っておくべきなのです。