素材の多さ

2017-04-25 未分類
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

業者を利用する利点はコストばかりではありません。プリンター印刷の長所で自由度が高いという点がありますが、名刺本体の自由度は実は業者のほうが高いのです。プリンター印刷を行う場合、そのほとんどは名刺専用紙を使用します。プリンター作業でのミスを減らすため、プリンターに適して紙が使用されているのですが、言い換えると紙はそれしかないということになります。

業者印刷は紙の自由度が高いのです。紙の厚さや、質、場合によっては紙以外に印刷することも可能です。紙と一言でいっても、紙質は種類が多く、種類によっては同じ白であっても違いがでてきます。厚さによっては紙にエンボス加工(凹凸)を行うことも可能であり、いろいろな表現を行うことができるのです。

紙だけでもかなりの広がりをみせますが、薄板(木材)や布、プラスティックやアクリル板など紙以外の名刺を作っている業者もありますので、業種や目的に応じた、より広いイメージを与える名刺の作成も可能です。ビジネスシーンにおいて、名刺はマナーに反しない限り他の業者と差をつけるチャンスでもあります。今ある形式だけにこだわらず、いろいろな印刷業者を回ってみてはいかがでしょうか。可能性が広がるはずです。