デザイン

2017-04-26 未分類
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

プリンターで名刺を作成したことのある人ならば分かると思いますが、頭でイメージしたものと、実際に印刷したものではズレが生じます。
デザイン面に関しては、自分がすべてを行うプリンター印刷のほうが、自由度は高いといえるのですが、それはあくまで“自由度”の問題であり、それがイメージ通りとは限りません
以前見た名刺と似たものを作ろうと思っても、入力する文字(字数はフォント)によっては同じものはできません。これは経験やセンスによるものが大きく、一般の人には難しいものがあるのです。

デザイナー名刺制作の専門業者は毎日のようにこの作業を行っていますし、なにより数多くの名刺を作っていますので、データを数多く持っています。
今流行りのものや、業種によっての違いなど、素人では分かりにくい微妙な点までも知っていますので、大まかなイメージと印刷に必要な事項を伝えれば、デザインをおこしてくれます
自分ですべてを行うプリンターに対し、人を介して行うために自由度が低いともいえますが、適格なラインを表示してくれますので間違いはありません。

ビジネスの名刺は自分が満足するものではなく、いかに相手に知ってもらうか、そして相手との信頼を築かせるツールです。そのためにも業者印刷が安心して使えるものとなっているのです。